【バレエ】アンデオール(ターンアウト)が出来ない理由

バレエ上達法
バレエを踊るには絶対必要な「アンデオール(ターンアウト)」.
綺麗なアンデオールができるバレリーナって本当に美しいと思います.
また,アンデオールを意識したことのない人も居ないと思います.

バレエの基本となるアンデオール.
あなたはどうやって練習していますか?

頑張ってつま先を開いたポジションを取ろうとすると膝がポキポキ鳴る…
足が床に着いていればアンデオール出来るけど,足を上げた状態でアンデオールが出来ない…!
なんて悩んでる人もいるんじゃないでしょうか?

では.
そもそものアンデオールってなんのことでしょう?

どこの関節の動きで,どこの筋肉に力を入れて行うものなのか.
綺麗なアンディオールをするために意識するべきことは何なのか?

曖昧な理解の中で闇雲に練習しても,綺麗なアンデオールなんてできません.余計なところに力が入り,関節を痛める原因になってしまいます.

そのため,今回はアンデオールが出来ない理由を学ぶために,「アンデオールとは何なのか」というところを分かりやすく説明していきます!

読み進めてもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク

アンデオールの語源

まずは語源から.
アンデオールはフラン語で「en dehors」
アンディオールやアンドュオール,英語版ではターンアウトと言うこともあります.
「外へ,外側に」という方向を表します.
「アンディオール」は姿勢のことではなく,動き(ムーブメント)を表す言葉です!

アンデオールの運動学

先ほど,「アンディオールは動き」だと言いましたね.
では,どこの関節の運動か.
正解は,「股関節」です!
股関節を外側に回す(開く)運動をアンデオールと言います.
ここで注意してもらいたいのは,「アンデオール」と,「1番ポジションの時のアンデオールした姿勢」は,少し意味が違うということです.
アンデオールは股関節を外に回す動きなので,股関節を外に回す筋力が必要です!
「梨状筋,上双子筋,下双子筋,大腿方形筋,内閉鎖筋,外閉鎖筋」
これらをまとめた「深層外旋六筋」と言われる筋肉たちがアンデオールには重要な役割をします.

深層外旋六筋[/caption]

しかし,深層外旋六筋の他にも重要な筋肉があります.
繰り返しにはなりますが,「アンディオールは動き」です.
つまり,股関節を外側に回しながら,足を上げたり伸ばしたりすることになります.
例を挙げると,
アンディオールした状態で足を前に上げるためには,深層外旋六筋に加え,股関節の内側にある筋肉「内転筋」の働きが重要になっていきます.
また,アンデオールした状態で足を横に上げるためには,深層外旋六筋に加え,股関節の前側にある筋肉「大腿直筋」の働きが重要になっていきます.
このように,動きによってアンディオールをするために働く筋肉が変わってくることを覚えておいてください.

アンデオールを制限するもの

次に,アンディオールを制限するものについてお話します.
大きく分類すると「靭帯,筋肉,骨」の3つです!
しかし,骨に関しては基本的には変えることができません.
そのため今回は靭帯と筋肉についてお話させて頂きます!

制限因子① 靭帯

股関節,つまり骨盤と大腿骨の間には3つの靭帯がくっついています.
・腸骨大腿靭帯
・恥骨大腿靭帯
・坐骨大腿靭帯
このうち「腸骨大腿靭帯と恥骨大腿靭帯」が,アンデオールする時に伸ばされる靭帯です.
つまり,この「腸骨大腿靭帯と恥骨大腿靭帯」が硬いと,アンディオールする際に靭帯が突っ張ってしまい,アンデオールの制限因子となってしまうのです.

制限因子② 筋肉

筋肉には「拮抗筋」と言われるものがあります.
<前側↔︎後ろ側>,<内側↔︎外側>
このように,関節の軸から反対側に位置する筋肉同士が拮抗する形で作用することで,私たちの体は自由に安定して動く事ができます.
ではアンデオールの拮抗筋はどこの筋肉か・・・
正解は「股関節を内側に回す筋肉」です!
アンデオール、つまり股関節を外側に回したくても,股関節を内側に回す筋肉がが硬いと筋肉が突っ張ってしまい.十分にアンデオールができなくなります.
また,アンディオールは動きです.
その為、股関節を外に開く運動だけではなく、+α(股関節を前に曲げたり,後ろに伸ばしたり)の運動が必要となります。
そのため,拮抗筋である「股関節を内側に回す筋肉+α」の柔軟性が必要になってくるのです.
そこをストレッチすれば,よりアンデオールが綺麗にできるようになるはずですので,覚えててください!

まとめ

◇アンデオールとは,股関節を外旋する「動き」のこと!
◇「アンディオール」と,「1番ポジションの時のアンディオールした姿勢」は違う!
◇アンデオールするには外旋6筋の筋力が大事!
◇靭帯・筋肉の柔軟性が上がれば,アンデオールしやすくなる!
タイトルとURLをコピーしました