アンデオールに必要な深層外旋六筋と,大臀筋の関係性【お尻に力を入れすぎてはダメ!】

バレエ上達法

綺麗なアンデオールをする為に必要な深層外旋六筋.Turnout

まだ読んでない方はこちらの記事を先に読んでください▽▽
【バレエ】アンデオールに必要な「深層外旋六筋」【解剖学】

アンデオールとは股関節を開く運動のこと
深層外旋六筋の他に,お尻にある大臀筋にもアンデオールを補助する役割があります.

こちらも読んでいない方は先に読んでみてください▽▽
アラベスクに必要な「大臀筋」!上部繊維と下部繊維があるって知ってました?

筋肉にはそれぞれいくつかの作用がありますが.
深層外旋六筋と大臀筋は共に,アンデオールに関わる「股関節を外側に回す運動」をします

まゆさん

じゃあ,深層外旋六筋と大臀筋,両方に力を入れるように意識したら,より綺麗なアンデオールができるのかな?

違うんです!!

同じ作用があるからといって,むやみやたらに力を入れていいものじゃありません.
しなやかなバレエでは「必要なところだけに力を入れる」ことが重要になります!

そのため今回は,アンデオールに関わる深層外旋六筋と大臀筋について,
力を入れる時の重要な注意点を説明していきます!

スポンサーリンク

大殿筋と深層外旋六筋

大殿筋と深層外旋六筋は近いところにあります.

お尻のいちばん表側に大きく「でんっ!!」と存在するのが大臀筋
その奥の奥.股関節の中心に近いところにほっそーりと,でもしっかりとした存在感をもつのが深層外旋六筋です!

大殿筋と深層外旋六筋.
どちらも股関節を外に回す力を出しますが,
大殿筋は股関節を外に回す力より,股関節を後ろに曲げる力を強く発揮する筋肉です!

とても大きなパワーを持つのが「大臀筋」,
パワーは小さいが,より繊細で細かな微調節・そしてアンデオールした姿勢でしっかりとした安定性を作るのが「深層外旋六筋」です!

アンデオールする時にお尻に力を入れすぎたらだめ?

アンディオールしようとする時に,お尻全体に力を入れ込んでいませんか??
その時,
大殿筋はお尻のいちばん表側に大きく「でんっ!!」と存在する「大殿筋」がムキムキッと盛り上がってしまっていませんか??

筋肉って,力が入るとムキっと盛り上がるんです.
そうなると,大臀筋の奥の奥,股関節に近いところにある「深層外旋六筋」が,
大臀筋のムキっと盛り上がった部分に押しつぶされて,
力が十分に出せなくなります.

先ほども言いましたが,
大臀筋には股関節を開く力もありますが,股関節を後ろに曲げる力が強いんです.

つまり,お尻に頑張って力を入れようとしすぎると,股関節を後ろに曲げる力ばかりが出てしまい,
アンデオールの動きがしっかり出なくなってしまう為要注意です!

バレエにはしなやかさが大事!

ボディービルダーは,体全体に力を入れることが必要です.
でもバレエは違いますよね?笑

バレエに必要なしなやかなボディラインを作るためには,不必要な力を入れないことがとても大事です!

そのため,綺麗なアンデオールをする為には,
深層外旋六筋の力の入れ方を学び,
過度にお尻に力を入れないようにしましょう!

まとめ

・綺麗なアンデオールをするには大臀筋より深層外旋六筋の力が大事.
・大臀筋が頑張りすぎると,深層外旋六筋がうまく働けなくなるから注意!
・過度な力を入れすぎないようにしましょう.
深層外旋六筋のトレーニングをして力が入る感覚を覚え,
不必要な力が入らないようにしていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました