バレエ上達法

バレエ上達法

アンデオールに必要な深層外旋六筋と,大臀筋の関係性【お尻に力を入れすぎてはダメ!】

アンデオールに必要な「深層外旋六筋」.同じくアンデオールに関わる筋肉に「大臀筋」.どちらもお尻にある筋肉だから「お尻に力を入れたらいいんだ!」ではダメです.アンデオールをする際にお尻に力を入れすぎてはダメな理由を説明します.
バレエ上達法

アラベスクに必要な「大臀筋」!上部繊維と下部繊維があるって知ってました?

アラベスクで高く脚を上げる為に必要となる「大臀筋」. 脚を後ろに上げる「股関節伸展運動」に最も力を発揮する筋肉です. お尻にある一番大きな筋肉といったら大臀筋. そうイメージしている人も多いのではないでしょうか. 力を発...
バレエ上達法

アラベスクの後ろ脚を高く上げるために必要な筋肉はどこ?股関節に着目!

こんにちは、踊る理学療法士です! 「アラベスクの後ろ脚を綺麗に高く上げられるようになりたいなあ〜」 と思ったことはありませんか? その為にまずみなさんが行うのは、「股関節のストレッチ」だと思います. では,必要なのは柔軟性だ...
バレエ上達法

ストレッチの方法,間違っていないですか?ストレッチの種類とポイントを伝授!

こんにちは踊る理学療法士こと,げーちゃんです! 今回はストレッチについてお話しします. バレエを上達させるには「柔軟性」が必須. 「柔軟性」を阻害する因子としては骨・靭帯・筋肉の3つが挙げられます. 骨や靭帯による関節可動域...
バレエ上達法

アンデオールに必要!深層外旋六筋の3つのトレーニング方法!

綺麗なアンディオールに欠かせない「深層外旋六筋」.梨状筋,大腿方形筋,内・外閉鎖筋,上・下双子筋の6つです.トレーニング方法は沢山ありますが,まずはバレエダンサーに特化したものも含め,簡単にできる深層外旋六筋のトレーニング方法を3つお伝えします!
バレエ上達法

アラベスクの脚が綺麗に高く上がらない理由.どこのストレッチをしたらいいの?〜体幹の重要性〜

バレエに必要なポジションの一つ「アラベスク」.高く脚の上がったアラベスクに憧れる人は多いでしょう.このアラベスク,どこが柔らかいと脚が上がるかご存知ですか?股関節?体幹も実は大事? 理学療法士の知識を交えて説明していきます!
バレエ上達法

バレエのポジション「アラベスク」とは?語源やアラベスクの型についても知りたい!

「アラベスク」はバレエで特に頻繁に用いられるポジションです.今回は,アラベスクの語源から,アラベスクの型についてお話ししていきます.
バレエ上達法

【バレエ】アンデオールに必要な「深層外旋六筋」【解剖学】

深層外旋六筋は,アンデオール(ターンアウト)する為に重要な筋肉です. まだ読んでいない方はこちらを読んでください. 【バレエ】アンデオール(ターンアウト)が出来ない理由 深層外旋六筋にしっかり力を入れられると,お尻をもりっと盛...
バレエ上達法

【バレエ】アンデオール(ターンアウト)が出来ない理由

バレエを踊るには絶対必要な「アンデオール(ターンアウト)」. 綺麗なアンデオールができるバレリーナって本当に美しいと思います. また,アンデオールを意識したことのない人も居ないと思います. バレエの基本となるアンデオール. あなたは...
タイトルとURLをコピーしました